情報
情報

おしらせ

2014 8月


お役立ち情報(音響、映像)

2014年 8月 15日


株主総会の音響・映像・・・詳しくはこちら

株主総会の音響・映像①

2014年 8月 15日


株主総会を企画する際、会場の大きさや設備を検討されると思います。

来場者数によって大会場から小会場まで様々なヴァリエーションがあります。

ただどの規模においても適切な機材を選ばなければ「音が聞こえにくい」「映像が見えない」

などの余計なクレームを受けてしまう可能性があります。

 

会場のレイアウトはイベントの内容によって様々です。

ここでは簡単なレイアウト図を使って、どのように会場が使われているのかを説明いたします。

 

HPŠ”‘‘僌ƒCƒAƒEƒg0

 

これは一般的に多い株主総会のレイアウトです。

縦長の会場の正面にステージがあり、各テーブルには役員席が用意されています。

中央のテーブルの島は事務局です。

このタイプのレイアウトでは音響機材・映像機材を下記のようにレイアウトすることが多いです。

音響機材は赤、映像機材は青で表記しています。

分かりづらいですが、赤の■はスピーカー、▲はマイクです。

HPŠ”‘‘僌ƒCƒAƒEƒg1

 

各種機材の位置は状況によって変わります。例えばスクリーンの位置は、使用会場のバトン・天井の高さ・人の導線等によって下記のようにバリエーションが増えます。

HPŠ”‘‘僌ƒCƒAƒEƒg1‰¡

 

上記のレイアウトでは全体的に幅が拡がった分、端の人にも映像を見やすくするためにプロジェクターを二面に打っています。

このように会場の使い方、レイアウトによって機材設営の仕方も多様になってきます。

幹事の方が株主総会を企画される際、この辺りに注意することが大事です。

カテゴリ一覧
  • 音響
  • 映像
  • 照明
  • その他

活用シーン

株主総会 記者会見 企業セミナー イベント演出 大規模会議 国際会議 ウェディング ダンスパーティー 映像収録・制作

ページトップへ戻る