情報
情報

お役立ち情報

音響


街頭演説にて


選挙時でなくても、駅前で街頭演説をしている風景を良く見かけますが、ちょっと気になった残念な音の話です。

多少お金のある(?)方は、ワイヤレスマイクに対応したトランペットスピーカを使っていますが、ワイヤレスであることを利用して演説していない別の出入り口で使っている場合があります。アイディアは良いのですが、これがブチブチと途切れてしまい何を言っているのか解らないのです。近くにポスターが置いてあるので誰が話しているのかは解りますが。。。もうちょっと気にして欲しいと思います。

別の方で、腰に巻くタイプのハンズフリーのスピーカシステムを利用していますが、物はそんなに悪くないのですが、音質・音量のせいで話している声が暗く元気ない感じで聞こえてしまいます。朝の騒がしい屋外には向かないスピーカシステムなのかもしれません。

「名前を覚えてもらう」が一番重要なのかも知れません。だから音が良いより大きな音やあえて聴きにくい音にする方法もあるようです。しかし、もっと気をつかっていただきたいと毎朝のように感じてしまいます。

最後に、
「大きなマイクでお騒がせして申し訳ありません。」
と話している人がいました。マイクが大きかったら本当にびっくりします。
日本語をちゃんと話しましょう。


活用シーン

株主総会 記者会見 企業セミナー イベント演出 大規模会議 国際会議 ウェディング ダンスパーティー 映像収録・制作

ページトップへ戻る