情報
情報

お役立ち情報

音響


音響システムの基礎 その2


今回は、音の三大要素のお話です。
音の三大要素は、「音程」「音量」「音質(音色)」をいいます。

「音程」は、音の高さ・低さのことです。
1秒間に何回振動するかを表したのを周波数といいHz(ヘルツ)で表します。
振動が細かいほど(1秒間の振動回数が多いほど)高い音になります。
人間の聞こえる周波数の範囲は20Hz~20kHzで、年齢と共に高い音(周波数)が聞こえにくくなり、
聞こえる周波数の範囲は狭くなっていきます。(可聴周波数)

「音量」は音の大きさのことです。
振動の幅で音の大きさがかわります。振動が大きいほど音が大きいということ。
音量は音圧レベルと表現し、dB(デジベル)という単位で表します。
人の会話の音圧レベルはおおよそ60dB程度、
スピーカで音声を拡声する際のちょうど良い音圧レベルは75dB程度と言われています。

「音質(音色)」は音の質感のことです。
音は色々な振動が組み合わさって作られます。
音色は基音+倍音で構成されます。倍音の比率で音色は変ります。
なので、同じ「ド」の音でも、のギターの音はギターに聞こえ、ピアノの音はピアノに聞こえるのです。
音響システムが入ると最終的な音質の調整が行われますが、
それは元の音質とスピーカから出力される音質を出来るだけ近づけるという作業になります。

これらの三大要素をベースに、音響のシステム構築~調整までを行っております。


活用シーン

株主総会 記者会見 企業セミナー イベント演出 大規模会議 国際会議 ウェディング ダンスパーティー 映像収録・制作

ページトップへ戻る