Warning: Use of undefined constant 導入事例 - assumed '導入事例' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/denon-event/www/cms/wp-content/themes/new_theme_b/header.php on line 85
情報
情報

お役立ち情報

更新情報


事例紹介|ハイブリット型表彰式(クレーンカメラ×ムービングライト)

2022年 3月 31日

リアル会場とオンラインの両方を活用したハイブリット型表彰式が、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルで開催されました。当社は配信・映像・音響・照明のオペレーションを担当しました。
※感染症予防対策を徹底した上で開催しております。

ハイブリット型表彰式の概要

・参加方法:リアル会場またはオンライン参加のハイブリッド形式
・配信プラットフォーム:Zoom
・会場:シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
https://www.marriott.co.jp/TYOSI(外部リンク)

ハイブリット型表彰式での担当業務

ハイブリット型表彰式の運営から、音響・照明・映像・配信オペレーションまで担当しました。

運営:進行ディレクション
映像:Zoomの設定および当日の運用
   配信・会場映像の画面構成、スイッチング(カメラ/VTR/PCの切り替え)
   撮影(カメラ、クレーンカメラ)

音響:各種調整(マイク/映像音声/配信音声/四重奏マイク/スピーカー)
照明:会場照明/スポットライト/ムービングライト/ピンスポット

ハイブリット型表彰式 のポイント

会場演出

クレーンカメラ

会場内にクレーンカメラを設置したことで、通常のカメラでは出せない臨場感を演出することができました。
表彰者の登場シーンでは、人物を追いかけて「映画のような」映像演出を行いました。
その後のプレゼンシーンでもクレーンカメラを使用したことで、参加者を飽きさせずに講演者のメッセージを届けることに繋がりました。

クレーンカメラ

ムービングライト×特効演出

天井、ステージ上、花道の前にムービングライトを設置し、ステージや客席などの会場演出を行いました。
受賞者の登場シーンでは、特効演出と合わせて会場を盛り上げました。

レッドカーペットのムービング演出
登壇シーンのムービング演出
入場口の特効演出
会場装飾

スパンデックスピラー

四重奏の演奏が行われるサイドステージには、グループ会社イベントサービスがスパンデックスピラーを設置しました。

照明と合わせて、華やかなステージを作り上げました。

サイドステージの装飾
ダイジェスト動画

当社スタッフのコメント

長年お付き合いのある企業様の表彰式を今回も担当させていただきました。
照明演出を施した壇上に上がって楽しそうにポーズを取る受賞者の方々や、クレーンカメラを駆使してカメラの画作りをしたプレゼンに聞き入る参加者の方々の表情が見られて、「一体感のある表彰式」を演出することの意義を感じました。
今後も様々な形でみなさまに感動を届ける演出のご提案をしていきたいと思います。

会場紹介

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

東京ディズニーリゾート®オフィシャルホテルであるシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルは 、東京ディズニーランド®にも東京ディズニーシー®にもモノレールでアクセスできる至便なホテルです。

URL https://www.marriott.co.jp/TYOSI(外部リンク)

今回利用した宴会場 THE CLUB Fuji

最大収容人数
・シアター、レセプション:2,000名
・宴会:1,200名

面積
1,603.2㎡

天井高
6.2m

>より詳しく知りたい方はこちら
 https://www.marriott.co.jp/hotels/event-planning/business-meeting/tyosi-sheraton-grande-tokyo-bay-hotel/(外部リンク)


イベントに関する演出なら、ぜひ電音エンジニアリングにおまかせください。
配信・映像・音響・照明すべてにおいて、プロのディレクター・オペレーターがサポートいたします。
☆「よくあるご質問・FAQ」も併せてご確認ください。

配信関連記事

事例紹介|ハイブリッド型セミナー(AP東新宿オープニングイベント/株式会社TCフォーラム様)
事例紹介 | オンライン表彰式(スポーツ庁・経済産業省様)
事例紹介|全国店長会議【参加者の気持ちをひとつにした映像演出】
【業務案内】オンラインイベントの配信業務はdenONが解決!【Zoom、Teams、WebexなどのWEB会議ツールに対応!】

事例紹介|文化祭でeスポーツ大会①(神奈川県立海洋科学高等学校様)

2022年 3月 22日

2021年10月29日に、神奈川県立海洋科学高等学校様の文化祭でeスポーツ大会を行いました。
当社ではeスポーツ大会の運営補助、文化祭全体の照明・音響・映像のオペレーションを担当させていただきました。
また、感染症対策のためYouTube Liveを使用した生配信を行いました。

eスポーツ大会の概要

情報通信クラブ内でeスポーツチームがある海洋科学高等学校様。今回は文化祭でeスポーツ大会を行うということで、当社にご依頼いただきました。
ゲームタイトルは担当の先生、実行委員の皆さんに選んでいただき、大人数でプレイしやすいSwitchを使用して対戦しました。

神奈川県立海洋科学高等学校様

住所:〒240-0101神奈川県横須賀市長坂1-2-1

公式HP(外部リンク):
https://www.pen-kanagawa.ed.jp/kaiyokagaku-h/index.html

神奈川県立高校で唯一の海洋学科を設置。海洋科学について総合的に学ぶことができる高等学校です。

配信形式

感染症拡大防止のため、会場である体育館で観戦する生徒さんの人数を絞るなど、対策が行われた中での大会でした。各クラスに設置してあるテレビで、会場外でも観戦できるようYouTube Live(限定公開)での配信も並行して行いました。
このYouTube Liveでの配信によって、来校が叶わない保護者の方にも視聴していただくことができました。

また、体育館にも250インチの大型スクリーンをステージ横に設置し、配信画面を映すことで大会の状況を分かりやすく伝えました。

eスポーツ大会のポイント

当社が用意した照明や音響機材を設置した本格的なステージで、eスポーツ大会を実施しました。
学校ではなかなか見ることのない華やかなステージで、生徒さん同士、白熱した試合が行われました。

生徒さん主導の文化祭

当社スタッフと実行委員の皆さんで事前に進行等の打ち合わせを重ね、生徒の皆さんが主導となる文化祭を作り上げました。

打合せの様子

照明・音響・映像(配信)からカメラまで、全てのセクションに実行委員の皆さんや有志で集まっていただいた生徒の皆さんと一緒に準備やオペレーションを行いました。
初めて専門的な機材に触れるため、当社のスタッフが注意点やオペレーション方法をレクチャーし、出来る限り生徒さんが主体となって文化祭が作られました。

配信画面の見やすさ

視聴者にとって見やすくなるよう、配信画面には工夫を凝らしました。
中央にゲーム画面、左下・右下のワイプ画面に各選手の映像を載せた画面構成で、配信を行いました。試合展開を見せながらも、選手の白熱した表情も伝える工夫です。

また、赤と青の照明でチームが区別できるようにするなど、画面上での見やすさを考慮した演出を行いました。

✓ eスポーツ大会以外のステージ

eスポーツ大会の他にもクラス動画のコンテストや、軽音楽部の公演などが行われました。

お客様・当社スタッフのコメント

お客様のコメント

当初、この企画が提案されたときには、どのような形になるのか全く想像がつきませんでした。電音エンジニアリングの方々から丁寧に説明をいただき、打ち合わせを重ねていくにつれて、全く新しいものができあがっていく予感がしました。本番が近づくに連れて、生徒が本気になっていくのが、その表情からよくわかりました。

会場準備・設営、当日の運営等も電音エンジニアリングの方々の手厚いご指導のもと、スムーズに行うことができました。初めて触る機材ばかりでしたが、生徒が生き生きとしていたことがとても印象的でした。イベント終了後、「またこの企画をやりましょうよ!」と生徒から意見があり、生徒にとって思い出に残るものとなったのだと感じました。

「本物に触れる」ことの大切さを教えていただいた電音エンジニアリングの方々に心から感謝しております。

当社スタッフのコメント

eスポーツに力を入れている横須賀地区よりご縁をいただき、当社スタッフと先生及び生徒さんと作り上げた完全オリジナルイベントとなりました。

事前に先生や実行委員の皆さんと打ち合わせを重ねたうえで、設営からオペレーションまで主体的に取り組んでいただきました。
今までの文化祭とは異なる仕様となりましたが、生徒の皆さんの探求心やより良いものを作ろうと妥協なく取り組む姿に私たちも刺激を受けました。

皆さんの思い出となるようなイベントに携わることができ、来年もまた文化祭でこの企画を開催したい、という生徒の皆さんの声があがったことは、私たちとしても大変嬉しく思います。


今回は高校の文化祭をお手伝いさせていただきましたが、社内イベントなどeスポーツを使用した交流も増加しております。

当社ではお客様のご要望に合ったeスポーツイベントの提案が可能です。ご興味ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

☆「よくあるご質問・FAQ」も併せてご確認ください。

関連記事

【実績紹介】| Zoomによる全国会議(全国肢体不自由児施設 施設長・事務長会議)
【業務案内】『テレビ番組のような』映像演出で引き出すオンラインイベントの価値
【業務案内】オンラインイベントの配信業務はdenONが解決!【Zoom、Teams、WebexなどのWEB会議ツールに対応!】

事例紹介|KAMI CHARISMA 2022 アワード【12mのLEDディスプレイやピンスポットで華やかに演出】

2022年 3月 17日

帝国ホテル 東京様で開催された「KAMI CHARISMA 2022 アワード」で、表彰式の配信・映像・照明オペレーションを行いました。
ステージには横12メートルのLEDビジョンを用意し、受賞者の皆さんの表情を鮮明に映し出しました。また、受賞者の登壇時にはピンスポットオペレーションも行い、アワードを華やかに演出しました。
※感染症予防対策を徹底した上で開催しております。

表彰式の概要

・催事名:KAMI CHARISMA 2022 アワード https://www.kami-charisma.com/(外部サイト)
・主催:KAMI CHARISMA 実行委員会
・会場:帝国ホテル東京 富士の間
・開催形式:ハイブリット型 表彰式
・配信プラットフォーム: YouTube Live、LINE LIVE

当社が担当したオペレーション

配信/映像:YouTube Live、LINE LIVEの設定および当日の運用
      配信・会場映像(LEDディスプレイ)の構成、スイッチング
      撮影

照明:会場の明るさ調整、ピンスポットオペレーション

表彰式のポイント

LEDディスプレイ

LEDディスプレイはスクリーンより明るく鮮明な映像を映し出すことができるため、表彰式のような華やかなイベントに最適です。

今回は、会場のステージに高さ3メートル×横12メートルのLEDディスプレイをご用意しました。

144枚のLEDパネルを組み合わせて設置を行いました。

>LEDビジョンについて詳しくはこちら

ピンスポットオペレーション

受賞者がランウェイを歩く瞬間を照らして、参加者の視線を集めます。

受賞者が「舞台の主役」であることを視覚的に演出し、感動を盛り上げます。

表彰式の定番演出のひとつです。

配信オペレーション

今回はYouTube LiveとLINE LIVEの2つのプラットフォームで配信を行い、双方の配信管理を行いました。

会場の映像オペレーター、カメラマンと連携しながら配信映像を常時確認し、無事に本番を終えることができました。

配信管理画面

表彰式の様子

カミカリスマ公式チャンネルより

お客様のコメント

毎年の開催なので、このイベントを実施すると年の瀬を感じます。
LEDパネルの演出を気に入っており、この機材があることが会場選びのポイントになりました。

イベントディレクターのコメント

昨年に引き続いてオペレーションを担当させていただきました。
配信越しでも会場内の熱気が視聴者に伝わるほど、華やかな演出ができたのではないかと思います。
LEDディスプレイの鮮明な明るさや、ピンスポットに照らされたまぶしさを、みなさまにもぜひ1度体験していただきたいです。

会場紹介

帝国ホテル 東京様

1890年に海外からの賓客をお迎えする「日本の迎賓館」として開業した、伝統のおもてなしと最新の設備を併せもつホテルです。
日比谷公園の緑を望み、銀座や劇場街にもほど近い最高のロケーションをご活用いただけます。

URL:https://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/(外部リンク)

施設概要

富士の間

最大収容人数
・正餐 600名
・カクテルブフェ 1,000名
・シアタースタイル 1,000名
・スクールスタイル 600名

面積
1,236m²

天井高
5.0m

>より詳しく知りたい方はこちら
 https://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/banquet/room/index.html(外部リンク)


お客様の目的やお悩みに合わせたご提案で、イベントの成功をお手伝いいたします。
ぜひお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。
☆「よくあるご質問・FAQ」も併せてご確認ください。

業務案内

住友不動産ベルサール×電音エンジニアリング『スーパーワイドスクリーン試写会』(新宿住友ホール)
【実績紹介】オンライン社員表彰式(株式会社サイバーエージェント様)
【業務案内】オンラインイベント向けにNewTek 社のライブビデオ製作システムTriCaster® 2 Eliteを導入
事例紹介|ハイブリッド型セミナー(AP東新宿オープニングイベント/株式会社TCフォーラム様)

事例紹介 | ハイブリッド型国際会議(CODE BLUE 2021/株式会社 BLUE様)

2022年 3月 04日

東京ポートシティ竹芝 ポートホールで開催された「CODE BLUE 2021」で、配信・映像・音響・照明業務を担当しました。
CODE BLUE 2021とは、情報セキュリティの専門家による講演と情報交換の機会を提供する国際会議です。
当社オペレーター約20人が携わり、設営を含めて3日間かけて対応した大型イベントでした。

国際会議の概要

・催事名:CODE BLUE 2021(外部リンク:https://codeblue.jp/2021/
・主催:株式会社BLUE様
・会場:東京ポートシティ竹芝 ポートホール、ホワイエ
(外部リンク:https://www.portcity-hall.tokyo/

開催形式
・開催形式:オンラインとリアル会場を合わせたハイブリッド型
・使用プラットフォーム:Vimeo、Zoom

お客様からのご要望

講演者と参加者がオンラインとリアル会場どちらからでも参加できる「ハイブリッド型」で開催したい。複雑なシステムのため、テクニカル部分はまとめてお願いしたい。

国際会議に必要な技術サポート

・イベントのテクニカル部分にあたる、配信・映像・音響・照明のオペレーションをすべて担当いたしました。

国際会議に関わる技術サポート

配信/映像:会場の映像システムの調整(スクリーンへの投影、映像スイッチングなど)
      撮影・収録
      配信(映像構成・映像スイッチングなど)
音響:各種音声の調整(マイク/PC音声/配信音声)
照明:会場照明の調整

国際会議のポイント

ハイブリッド型ならではの映像オペレーション

今回は、講演者の出演形式がZoom出演(リアルタイム出演・事前収録)と会場出演との2パターンありました。それぞれの講演者とそれに伴うプレゼン資料を会場と配信どちらでも見やすいように映像構成・オペレーションを行いました。

会場の様子
配信画面のイメージ
会場の映像構成

Zoom出演の場合は、講演スライドと講演者のカメラ映像をZoomを通してスクリーンのセンターに映し、左右にはイベントロゴを投影しました。

会場出演の場合には、左側に講演者のカメラ映像を映し、センターにスライド資料、右側にイベントロゴを投影しました。

Zoom出演の場合
会場出演の場合
配信の映像構成

配信画面の上下に「講演タイトル」や「講演者名」、「イベントロゴ」を合成し、途中参加の方でも一目で講演項目が分かるようにしました。

この画面構成には、多数の映像素材の合成が可能な「TriCaster」を活用しました。

その結果、お客様との打ち合わせの際に伺った画面イメージを形にすることができました。

配信画面の構成イメージ

>TriCasterについて詳しくはこちら

ハイブリッド型ならではの映像オペレーション

ハイブリット型イベントでは、会場演出と配信に関わるセクションが多岐に渡ります。
今回も、配信・映像・音響・照明、合わせて約20名のオペレーターが連携して、イベントのシステム構築・演出を行いました。

オペレーターの役割と相関イメージ

オペレーター内訳

ホール:11名(音響×2、照明、映像、VTR、配信×2、配信スイッチャー、テロップ、カメラ×2)
ホワイエ:7名(音響、映像、配信スイッチャー、配信、VTR、テロップ、カメラ)
ホール・ホワイエ:2~3名(設営・撤去)

当社には配信・映像・音響・照明それぞれの専門オペレーターが多数在籍しています。
各部門が連携して「映像の見やすさ」「音声の聴こえやすさ」などを調整し、会場と配信で参加される皆さまにとって快適なイベントを実現させました。

お客様・イベントディレクターのコメント

お客様のコメント

イベント後、参加してくださった方に「没入感があった 」「疲れなかった」と言っていただきました。これは御社が当たり前に提供している配信映像や映像カットのクオリティの高さからきたことと思います。

おかげでお客様に高い満足度を感じていただくことができました。
この度はありがとうございました。

イベントディレクターのコメント

今回のイベントを成功させたことは、当社にとっても非常に大きな実績となったのと同時に、会場で出来る可能性が大きく広がった成果となりました。

ハイグレードなセミナーだったため、私たちが長年ホテルの常駐オペレーションで培ってきたホスピタリティも必要不可欠だったと思います。

オペレーションや会場の雰囲気を気に入っていただき、またご利用いただけるよう引き続き邁進してまいります。

会場紹介

東京ポートシティ竹芝 ポートホール

ビルの1階に位置する「東京ポートシティ竹芝 ポートホール」。
世界へ向けた国際ビジネスの拠点となる、多種多様なイベントに対応可能な設備を有する大型イベントホールです。

スクール形式で最大354名が着席でき、大型セミナーや国際会議場として利用できます。また、国内最大級の400インチ 2 面分のスクリーンと 20,000lmの高輝度プロジェクター2台からなる映像機材と豊富な照明機材を常設し、車両展示や新製品発表会、eスポーツなど様々なイベントにも対応するスペックを備えています。

施設概要

最大収容人数
スクール:354名 シアター:448名

面積
ホール:522㎡ ホワイエ:366㎡

天井高
ホール:5.5m ホワイエ:5m

>より詳しく知りたい方はこちら(外部リンク:https://www.portcity-hall.tokyo/facility/port-hall/


お客様の目的やお悩みに合わせたご提案で、イベントの成功をお手伝いいたします。
イベントの開催・配信をお考えの際は、是非お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。
☆「よくあるご質問・FAQ」も併せてご確認ください。

関連記事

事例紹介|ハイブリッド型セミナー(AP東新宿オープニングイベント/株式会社TCフォーラム様)
事例紹介|全国店長会議【参加者の気持ちをひとつにした映像演出】
【実績紹介】ハイブリッド型 新卒採用会社説明会【人事担当者のコメントあり!】
【業務案内】オンラインイベントの配信業務はdenONが解決!【Zoom、Teams、WebexなどのWEB会議ツールに対応!】

カテゴリ一覧
  • 音響
  • 映像
  • 照明
  • その他

活用シーン

株主総会 記者会見 企業セミナー イベント演出 大規模会議 国際会議 ウェディング ダンスパーティー 映像収録・制作

ページトップへ戻る